2018年09月20日

●「お彼岸」

「暑さも寒さも彼岸まで」という通り、朝夕に涼しさが感じられるようになったこの季節、秋の彼岸を迎えます。
秋のお彼岸は、秋分の日を中心(お中日)とする1週間を指しますが、そもそも彼岸とは”彼の岸”と書く通り、わたしたちの住む世界(此の岸)と相対する極楽浄土を意味します。ではなぜこの時期を彼岸と呼ぶのでしょうか。春分・秋分の日と彼岸を繋げるポイントは「太陽の位置」です。
『観無量寿経』には、「日想観」といって、夕日の先に極楽浄土を思い浮かべる、という仏道修行のひとつが説かれています。その修行に最も適している日こそが、太陽が真西に沈む春分・秋分の日で、これがお彼岸の由来となっています。
残暑の中にも虫の声が聞こえはじめる季節です。お彼岸には、今日ある自分を育ててくれたご先祖さまへの感謝と。先立った方々へのご回向のためにも、まごころのお念仏をお称えしましょう。


出典『浄土宗行事シリーズ』No.273より引用

2018年04月02日

●「お花まつりのお知らせ」

  本年もお釈迦様のお誕生日「お花まつり」を厳修させていただきます。
日時は以下の通りとなります。

    平成30年4月21日(土)

        開 門 午後1時
        法 要 午後1時30分から2時頃まで
        閉 門 午後3時30分頃

  なお、お車でのご来寺はご遠慮下さい。

2018年03月21日

●「春雪」

お彼岸中日に降雪です。熊谷桜に積もる雪、野仏に積もる雪、そしてレンギョウに積もる雪をご覧下さい。

IMG_9119

IMG_9111

IMG_9109

この時期の雪もまた趣あるものでした。

2018年02月19日

●「お念仏の会」

毎月恒例の「お念仏・詠唱の会」ですが、今回は茨城教区の布教師さまにお話いただきました。

IMG_8957_0219

2018年01月22日

●「雪の熊谷寺」

IMG_8749_0122

2017年12月12日

●「深廣寺さま参詣」

20171212 本日、久喜市(旧栗橋町)の深廣寺檀信徒のみなさまが当山に参詣されました。

勤行はもとより、『蓮生法師御和讃』と『逆さ馬の御詠歌』もご奉納下さいました。

寒い本堂でのおつとめありがとうございました。

2017年12月06日

●「今年も皇帝ダリアが咲きました」

IMG_8514_1206